目線 パート2  -自分なりの研究―

よし、やるぞ!と、テキストを購入。モチベーションも最高潮。初めての問題ではあるが、「少しは分かるだろう。」という根拠のない自信が一瞬で砕かれた。開始数ページで、すでに分からない。本当にわからない。「なんじゃ?貸し付け、借りつけ?なぜ、右と左に分けるんだ!?」聞いたことのないフレーズ達が、パタリとテキストを閉じさせた。

初日終了。始める前のテンションがゼロになった。3日坊主どころか、1時間坊主。

 「これが勉強が苦手な中学生の気持ちかなのかっ!どうなんだっ!」

勉強は面白くないという意見が聞かれる。

はたして勉強は面白くないのか、それとも面白いのか。

初心にかえり、自分で体験することにした。それで少しでも生徒の気持ちを知ろうという試みだ。

内容は、簿記検定の3級を合格することを目標に、それまでの心の在り方を検証する。

特に、学校についていけない“勉強が苦手な子”を仮想した。教科書を開いてもチンプンカンプン。問題を解こうとしても「???」であると仮説を立て、それにより近いもの(予備知識ゼロの簿記検定)を受験しようと思ったのであった。

思ったところまではよかったが、これを実行すると殊の外ストレスがたまった。とにかく分からないのが面白くない。「なんだと!?は?」と、テキストに喧嘩を売っていた。

1か月後、だんだんと分かるようになってきた。喧嘩するほど仲が良くなるとはまさにこのこと。仲良くなる秘訣は言いくるめられること。自分の概念を殺すこと。解説、テキストが言っているならば、そうしましょう。しかたなく…と、素直に従う。そうすると、次の問題がうまくいく。「おっ、これは楽しくなってきた!」と調子に乗っていると、また、喧嘩。これの繰り返し。最終的には合格証明書と喜びのハグで終わることができた。

勉強は面白いのかどうなのか、ということについて、自分の体験に元づく検証

1、正直なところ勉強の最初は面白くない。

(だって分からないんです。)

2、途中途中で面白いと感じる。

(無理にでも続けていると「あぁ、そういうことだったんだ!」と気づくと楽しい)

3.しかし、それは長続きせず、面白いと感じなくなる

   (また分からない…とくじけそうになる)

4、しかし、それも長続きはせず、また面白いと感じる

   (分からなかった問題ほど解けたときに喜びが倍増!)

結論は、5割面白くなくて5割面白い。どうだろうか、中学生諸君、私なりに素直に書き留めてみたが、君たちに少しでも近づけただろうか…?


関連記事


熊本市御幸小託麻中学校校区のちいさな学習塾
ひまわり教室
代表 白石泰宏
〒861-4172 熊本市御幸笛田4-6-1
TEL 096-201-3038 / 080-1710-3671
Email info@himawari-school.com
アクセスマップはこちら
対象校区および対象地域
対象校区 出水中学校 出水南中学校 日吉中学校 御幸小学校 田迎南小学校 田迎小学校
対象地域 御幸木部 田迎良町 御幸西 出仲間 出水 萩原 日吉 馬渡 平成 江津 画図
※もちろん上位以外の地域の生徒様もご要望に応じて対応いたしますので、ご希望の方はご相談・お問い合わせ下さい。