授業の進め方

ひまわり教室の授業のすすめ方
生徒に合わせて授業内容は異なります。時期によって授業内容は異なります。

3年生の受験期(3年生の夏以降)

まずは、高校選びで重要な位置づけとなっている共通テスト。この共通テスト対策として、各教科の基礎と、弱点の強化を夏休みに行います。秋ごろに受験高校が決まれば、その高校の過去問題をベースに合格予想点数とを考慮し、どこを学習し効率的に点数につながるかを指導していきます。難易度が高い受験対策用の問題も合わせて実施していきます。通常授業で培った自分で考える勉強も取り込んで勉強付けの毎日になります。冬になれば、メンタルが弱る子もいますので、ケアをしながら、それでも第一志望合格に向けて、みんなで限界を超えながら受験日を迎えます。

通常授業

生徒が“やりたい!”と思う勉強と、私がその生徒に対し“必要である”と思う勉強、これを相談しながらすり合わせを行い教室で取り組んでもらっています。学校の教科書ワーク、もしくは、自分で購入したテキスト等があったらそれももちろんもってきてもらってかまいません。
“やりたい!”と思っている勉強は本人も楽しく学ぶことでき、自立した勉強ができます。それだけで成績が伸びる子もいますが、教科に偏りがでたり、ほおっておくと、難しい問題を飛ばしてしまったりします。自立するためのお手伝いとして“必要である”と思ったこと、それを一方的に押し付けるのではなく、二人で作戦会議という名のミーティングをしながらすり合わせて次のテストまでのカリキュラムを決めていきます。
何をもって“必要”と判断するのか。それは、返ってきた成績表と丸バツのついたテストの正誤の分析、そして、生徒の性格、この3つを考慮し、必要なことを考えていきます。だから、授業中、生徒によってやることはバラバラです。

私の思う成績を上げる公式

個人に合わせてカリキュラムを決めていくうえで、私なりの軸があります。

  1. わからないところを分かるようにする
  2. それを増やす(テスト範囲まで増やす)
  3. そして忘れない

この3つを押さえておけば成績は論理的に上がると考えています。具体的に
テスト範囲の問題や教科書の内容をすべて理解、暗記しそれを覚えている
という状態です。当たり前かもしれません。
が、上がらない場合、この3つのどこかに不具合が生じています。範囲が終わっていない(“それを増やす”ができていない)。分からないまま、覚えていないままテストを受けている(“分からないところを分か量にする”ができていない)。覚えていたけど、ワークの問題は解けていたけど、本番に間違う(“そして忘れない”ができていない)。という具合です。
 この中で、生徒が一番苦手とするところが、“分からないところを分かるようにする”ではないでしょうか?っこが、当教室が最も力を入れているところの一つです。それを解決する手段として授業などがあると思います。当教室ではその手段として、授業より、直接聞いて一人一人に教えることを大切にしています。

理解させる方法として私は4つの方法から指示を出します。

4つの方法

4つの方法 解説を読む/先生に聞く/通塾生に聞く/教科書・参考書で調べる

以前、保護者の方から「子供が“わからないです”と聞いたら、参考書で調べなさいと塾長に言われました。教えてあげないのですか?」という質問がありました。

そんなことはありません。当教室では、先ほども述べたように、上記4つの方法で生徒理解に努めます。
そのなかで、〈参考書で調べる方法〉をとったのです。

また、“通塾生に聞く”というものがあります。さまざまな生徒と接してきて、私の「わかった?」という質問に気を使い、分かってなくても「わかりました」という生徒や、恥ずかしがって質問をしない生徒などさまざまです。

この“通塾生”とはいわゆる教室に通っている友達のことで、友達であるから質問しやすかったり、分からないときは分からないと言いやすいメリットがあります。

また、教えることになった生徒も、教えることにより理解をよりいっそう深めれる相乗効果が認められます。
しかし、馴れ合いになってしまうデメリットがあげられます。

次表は、そういった各項目の特徴を現したものです。

4つの方法とその特徴

方法 メリット デメリット 対策
先生に聞く
  • 的確、分かりやすい指導
  • おまけ知識
  • 効率がよい
  • その場の納得、忘れやすい
  • 分からなくても分かったふりをする。
  • 自分の力で解こうとしなくなる。
  • 一人では分からない。
間接指導(テキスト・教科書の指示)により学び方の幅を広げる。
解説による理解
  • 自分の力がものすごくつく
  • 一人で学習できる能力がつく
  • 自信につながる
  • 分かる気がないときつい
  • 多くの生徒はこれを面度くさいがる
まず、解説を読むよう指示。その後理解の確認をし、解説のどこが分からないか、その分からない部分の直接解説。
塾生に聞く
  • 楽しい学習
  • 刺激ある勉強
  • 飽きない
  • 相乗効果
  • 分かろうとする力が身につく
  • 質問しやすい
  • 馴れ合いになる可能性
  • 時間がかかる
  • じゃれるようであれは、注意を促す
  • 生徒が教えている内容を側で聞く
参考書・教科書で調べる
  • 基本に基づいた勉強法
  • 頭の整理がつく
  • 一つのことから多くのことを学べる
  • 一人で学習能力がみにつく
  • 自信につながる
  • 分かる気がないときつい
  • 多くの生徒はこれを面度くさいがる
ページ、単元のある場所を的確に教えることで、時間の短縮につながる。

いずれも長所短所はあります。生徒一人ひとりをじっくり観察しながら、時と場合に応じて適した指導を行います。何より、分からないままにしないことが大事になります。

講義について

一斉授業ひまわり教室では最初に“自立学習式”と記しました。しかし、詳しく話しますと、それだけではありません。

あくまでそれはベースであって、時には一斉講義をいれますし、学校のからのワークだけでは理解が難しい箇所であればこちらで用意したテキストを使用します。

いずれも実施するタイミングが重要になってきます。なぜなら、一斉講義については、

ついていけない生徒がでてくる。」という最大の欠点があるからです。

授業に、なぜついていけないのか。私はこう考えます。

生徒が、授業を必要としていないから、聞こうとする意思が欠けている。」

授業がつまらない、分かりにくい、などの理由も確かにあります。
が、テスト前、受験前になると、ほとんどの生徒が間違いなく授業に耳を傾け、特に受験前の生徒は必死にノートをとります。そして、どんどん頭に入っていきます。

それは生徒自身が授業を必要としているから。

大人の世界で言うと、テレビでスポーツニュースが流れている。興味がないので誰がどうなのか、チームがどうとか、ダンナさんが熱く中田がすごいんだぜ、と説明されてもピンとこない。しかし、メタボリックがああだとか、インシュリンがどうとか、ダイエット方法、そういった映像が流れれば、恐ろしいほどの記憶力を発揮し、なかなか忘れない。必要としているからです。

教室では必要なタイミングで講義を行います。テスト前に、過去のテストを利用した、質の高い講義を取り入れます。

よく読まれている記事

シンプル”よっこいしょ作戦!”

背を向け合う母と子。2人は座っていて両者はまっすぐと正面を向いている。離れて座っている。距離は近くもなく遠くもない。しずかな雰囲気。両者はまっすぐ正面を見ている。凛とした表情をしていた母。 時間が経つ。少し顔がうつむく。 […]
コメントなし

いつの間にか

得意料理がいつの間にか子供が好きなものになってた 彼氏に作った手料理、おいしいと言ってくれた。 嬉しかった。 でも、心から自分の料理がおいしいと思ったことはなかった。 子供に歯が生え、少ししゃべれるようになった頃、嫌いな […]
コメントなし

熊本朝日放送からCM出演の依頼

熊本朝日放送からCM出演の依頼がきちゃいました! メールをチェック中、 「ん?なんじゃこりゃ?熊本朝日放送(KAB)マイベストプロ事務局からのご案内??」 ま~た、迷惑メールかいな… なんて開いてびっくり! 『今回テレビ […]
コメントなし

自衛隊シリーズ -風呂-

「一列横隊・・・ 集まれっ!」 脇を占め、手首は腰横。こぶしを軽く握り、分隊長の前へ・・・ダッシュ×3!整列完了。息を切らしてはいけない。いかなるときも平常心。心臓バクバク平常心。 ここは航空自衛隊第一教育隊。新入社員研 […]
コメントなし
熊本市御幸小託麻中学校校区のちいさな学習塾
ひまわり教室
代表 白石泰宏
〒861-4172 熊本市御幸笛田4-6-1
TEL 096-201-3038 / 080-1710-3671
Email info@himawari-school.com
アクセスマップはこちら
対象校区および対象地域
対象校区 出水中学校 出水南中学校 日吉中学校 御幸小学校 田迎南小学校 田迎小学校
対象地域 御幸木部 田迎良町 御幸西 出仲間 出水 萩原 日吉 馬渡 平成 江津 画図
※もちろん上位以外の地域の生徒様もご要望に応じて対応いたしますので、ご希望の方はご相談・お問い合わせ下さい。

ご挨拶(小さい場合、拡大をクリックしてください)

よく読まれている記事

  1. 熊本朝日放送からCM出演の依頼
    熊本朝日放送からCM出演の依頼がきちゃいました!…
  2. シンプル”よっこいしょ作戦!”
    背を向け合う母と子。2人は座っていて両者はまっすぐと正面…
  3. いつの間にか
    得意料理がいつの間にか子供が好きなものになってた彼氏…
  4. 自衛隊シリーズ -風呂-
    「一列横隊・・・ 集まれっ!」 脇を占め、手首は腰横…

白石泰宏プロフィール


白石泰宏(しらいしやすひろ)1980年生まれ。国立熊本電波高専電子工学科卒業後、航空自衛隊に勤務。退官後、海外に15か月の留学。家庭教師、大手・個人塾講師を計3校経てひまわり教室を開校
私の思い
プロフィール