グチをこぼすということ

―休憩中のできごと―

生徒が学校の友達のグチをこぼしていた。
「もーすかーん!」
「ありえんくない!?」

大人も子供も同じ。ストレスもたまります。ソリの合わない友達もおります。
ただ、グチを言われている子がどんな子かは知りませんが、私としてはあまりいい気分にはなれずちょっと注意しました。

「あんまりグチっぽくなるといかんよ」
あ~あ、でましたか、大人の説教。はふ~。
みたいなオーラが出ておりました。
そこで、こんな話をしてみました。

タヌキ君はキツネさんに消しゴムを貸しました。消しゴムは数日たっても返ってきません。
タヌキさんは、「キツネさんに貸した消しゴム、返ってこんけん。パクられたぁ~」
冗談交じりに友達にグチをこぼしました。そのグチは友達から友達へ。そして、キツネさんの耳へ届きました。
『私、消しゴム返すの忘れとっただけなのに!とってないのに!忘れてただけなのに!
私だって、タヌキ君にシャーペンの芯けっこうあげたのに!すかーん!』
冗談っぽく話したグチは、人づたいに、消しゴムを返さない人という内容だけキツネさんに伝わっていました。
“シャーペンの芯”のグチをもらしてしまったキツネさん。不運なことに、またしても友達から友達に伝わって、そして、タヌキくんの耳へ
「はっ!シャーペンの芯くらいで!けち~」
そして、“ケチ”といったことが、また友達から友達にそして、本人の耳へ…
二人は、どんどん仲が悪くなりました。

この話をすると、少々うけまして、
「あははは」と、少し伝わっている感じがしました。

そんなつもりもない一つのグチ。
ささいなグチをきっかけに、相手を誤解させ、誤解していることがあるかもしれない。

最後に、生徒にこう伝えました。

『グチは直接言いましょう!
って、それは、なかなかできんかも知らんけん、せめて、グチを言わない。言われたとしても、言い返さず、そこで止める。
できることなら、「はいはい」と、無視する。
友達と仲が悪くなると学校が楽しくないです。
悪くならないための努力もひつようですよね。』

5分後、生徒のグチが聞こえてきました。「先生の話、長くてつまらんよね。」がーん。