中学生の勉強法:数学2年 1学期のテストのための文字式の利用1/3

中学生の勉強法:数学2年 1学期のテストのための文字式の利用

【3つの連続する整数の和は3の倍数になる。このわけを、もっとも小さい整数をn

として説明しなさい】

という問題。

なかなかてこずることが多い。

これを一人で解くには

「そんなもんである!」と、理解より暗記に走ったほうが速い。

でも、私でよければ、ここに解説を書くので、読んでいただくと嬉しい。

まず、このての問題は、暗記から始めないといけない。

”3つの連続する整数のうち、もっとも小さい整数をnとすると、3つの連続する整数はn,n+1,n+2と表せる”

という文をいきなり覚える。

ただ、ちょっとしたコツがある。

暗記と言っても、実は、問題になっている文をそのまま写すところもあるのだ。

問題文 【3つの連続する整数の和は3の倍数になる。このわけを、もっとも小さい整数をnとして説明しなさい】

解答文 ”3つの連続する整数のうち、もっとも小さい整数をnとすると、3つの連続する整数はn,n+1,n+2と表せる”

下線のところが、問題の写しであることに気づいていただけただろうか。


関連記事


おすすめ記事

ご挨拶(小さい場合、拡大をクリックしてください)

授業風景・音声のみ(小さい場合、拡大をクリックしてください)

よく読まれている記事

  1. いつの間にか
    得意料理がいつの間にか子供が好きなものになってた彼氏…
  2. 熊本朝日放送からCM出演の依頼
    熊本朝日放送からCM出演の依頼がきちゃいました!…
  3. シンプル”よっこいしょ作戦!”
    背を向け合う母と子。2人は座っていて両者はまっすぐと正面…
  4. 自衛隊シリーズ -風呂-
    「一列横隊・・・ 集まれっ!」 脇を占め、手首は腰横…

白石泰宏プロフィール


白石泰宏(しらいしやすひろ)1980年生まれ。国立熊本電波高専電子工学科卒業後、航空自衛隊に勤務。退官後、海外に15か月の留学。家庭教師、大手・個人塾講師を計3校経てひまわり教室を開校
私の思い
プロフィール