帯山中からの初めての塾生

帯山中学校といえば、熊本でも有数のマンモス校。

マンモス校の周りには塾の数も半端なくある。

生徒数が多いからである。

託麻中学校も大きな学校だから、当然周りには塾がいっぱい。

塾業界の間では、”激戦区”の一つだそうだ。

その一角に当教室もあるのだが、開校した時は、そんなこと考えていなかった。

後に知って、「うぉ~すごい所で始めてしまった」

と、自分自身に驚き、そして、それだけの塾があるのに、当教室を選んでくれた人々に感謝。

口コミというのは場所を超える。

そのマンモス校の一つ、帯山中から生徒が入塾した。

親戚が託麻校区に住んでおり、評判を聞いて、子供に「どうね?」と声をかけてくれたそうだ。

私が感心したのは、自転車で通塾していることである。

男の生徒であるが、「体力強化もかねて自転車で通います!」

と、自衛隊出身の私は気を良くしている。

やっぱり、体も鍛えねばいけない。

以前、私物のテキストを貸したとき、しわしわになって返ってきた。

「我がテキストに何をしてくれた~!?」

と聞くと、

「この前の雨で、バックが濡れてしまい、その中に入っていたテキストも濡らしてしまいました…すみません…」

と答えた。

雨の中、傘も差さずに、ずぶぬれで家路についた様子が想像できた。

テキストがダメになったことより、その生徒の通塾の苦労が身に染みて、

「気にせんでいいけん。それより、風邪はひかんかったかい。大変だったね。」

と、なんだかかっこいいことを言っていた。

「はい、大丈夫です。…でも、ほんとすみません…」

「ほんと、気にせんでいいぞ。」

テレビにでてくる、やらかし中学生もいるけど、ほとんどの子供は、素直で優しい子ばかりなんですね。