テレビ電話のようなアプリを使ったオンライン授業で教えています|託麻中校区御幸田迎え良町

コロナウイルスが流行し、学校が休校となっています。当教室では、それに伴い、オンライン授業を行っています。私自身、教室で生徒と生で直接会えることが楽しかったのですが、残念です。が、オンラインでも会えることができるのだから、我慢。
現在、オンライ授業も進化しており、パソコン、タブレット、スマホから受講できます。画面を共有して、板書もでき、分かりやすい授業が可能です。授業した動画を流すオンライン授業をする塾もありますが、当教室では、分からない所を教える、質疑応答形式の授業をオンラインで行っています。テレビ画面を見ながら「先生ここが分かりません」という問題を画面に映し出しペンタブレットを使いながら説明するという流れです。
 国の方針として、夏休みがなくなる可能性も話に上がっています。塾側の私としては、3年生の勉強が、心配どころか、危機的であると焦ります。夏休みは1日6時間×40日以上の勉強量が確保できます。例年であれば、それを第一回共通テストという受験に関わる大事な大事なテストにぶつけるのですが、それができません。夏休みのない8月に学校から帰った数時間で1、2年の膨大な量を学習することは厳しいと思います。ゴールデンウィークまで学校が休みになるのならば、その間に夏休みにやる予定の内容をやらなければと思っています。2年生において、現時点で1年生のすべての復習が完璧に理解できているとは言えません。反復は自分の力に必ずなり、その反復の時間が増えることはプラスに考え、1年生の内容大丈夫!という気持ちで、新学期を取り組んでもらいたいと思います。新1年生や小学生も質疑応答形式の授業となります。ご不明な点は気軽にお問い合わせください。

(2020.3月現在)

Responses are currently closed, but you can trackback from your own site.