感情のコントロール

その日は、腹が立っていた。

触れるものは全て傷つけます。俺は、ジャックナイフだ。くらい腹が立っていた。

お役所というものは、お硬く、順を踏まねば手続きが進まない。

まぁ、いいですよ、確かに必要な書類を用意していなかった自分が悪い。

しかしっ !  二度目に言われた必要な書類を用意し、再び手続に行ったにもかかわらず、

「あ、あと、これも足りないですね」

なんて、言われた日には、ウゴー ! ですよ。

また来なんとですか!のわん !

と言ってやりたい !

そうですよ、あなたに言っても仕方のないことですよ。あなたは、一回目の人と違いますから。

でもね、この怒り、どうしてくれよう !

ワナワナしておりましたら、その、係りの人が、

「あの、もしかして塾されてるかたですよね?」

『えっ?』

ひきつる顔から、無意識に営業スマイルになっていた自分がおかしかった。

たまたま同じ地域に住んでおり、私の事を知っているとのこと。

いやん、俺って有名人!?なんてちょっと調子に乗ってみた。

それより、怒りをぶちまけずによかったと思い、自分の我慢強さに乾杯 ♪

怒って良いことはないそうだ。まさにその通り。

あの時、怒っていたら、係りの人をがっかりさせたにちがいない。

これを教訓に、「怒ってはいけません。私、怒りません。」と、自分に誓いを立てた。

その夜の授業。スマイルスマイル。

「先生、宿題やってません…」

『なんですと 』

いってるそばからデビルな私。

感情のコントロールって難しいですね。