理由

英語が苦手な子。

「can の次は動詞の原形だよ」

解き解き解き

「いやいや、canの次は動詞の原形だぁぞ」

解き解き解き

「そうじゃなくて、canの次は動詞の原形なんだなぁ」

解き解き解き

なるほど。動詞が分かっていないようだ。

動詞を覚えさせるか…

いや、しかし、それで効果が出た生徒は今まで皆無

ここは、単語を覚えさせるというセオリーは無視して、この問題ページに乗っている動詞を確認させよう。

そう決めて、一つずつ動詞を教えた。

「何か気づくことある?」

「う~ん…」

「何でもいいよ、あるかな?」

「う~ん…」

分かってますよ。苦手な子って、間違う恐怖というか、恥ずかしいというか、そんな思いがあって答えにくいですもんね。

で、ここで、私から伝えては意味ないのですなぁ。だって、気づかせるとこで学力が伸びることを知っているから。

「多分、頭の中には、これかな?っていうのが浮かんでると思うんだ。それを聞かせて」

「前の方にある?」

待ったかいがありましたね。

「正解、前の方にあるよね。まだ一年生の内は、それを覚えていれば大丈夫だから。」

そんな感じで、一通り教えた後、

「なるほど、分かりました」

と言ってくれました。

し~か~し~

申し訳ないけど、それで分かってないのよね。

別に、あなたを疑うわけではないのですよ。

経験上、英語が苦手な子は、一回じゃ、分かってないのよね。

ということで、チェックプリントその2を実施!

やはり、間違えておりますな。

「さっきは、分かってたじゃないの!」

そう言いませんよ。それは、講師歴1年だった自分がいう事。10年もたつと、案の定…といったところですか。

別の教え方でアプローチとなります。

「can の次は動詞。これは、大丈夫だね。」

「はい、大丈夫です」

そうなんです。分かっているのになぜか正解しない。こんなことも現実あります。

「そしたら、動詞に波線を引こう。そして、主語にアンダーライン。これで確認しながらやってみましょうぞ」

チェックプリント3

ここで、正答数が一気に上がる。

生徒は「ふぅ」といったところ。

生徒は解放されたがっているようだ。

しかし、徹底的に攻める、チェックプリント4

しつこいのは重々承知。

時間を取りすぎているのも重々承知。

先に進めるのも手だということも重々承知。

効率が悪いのも重々承知。

ただ、そこまでやってあげないと、ダメ。

理由は、のちほど。

チェックプリント4

納得いく正答率。(現実、満点ではないことは良くある。しかし、私の判断で、これならOKという状況)

生徒は笑顔になる。

これが理由。

「やればできるな」と声をかける。

更に笑顔になる。

これが理由。

帰りのあいさつの

「ありがとうございました」

のボリュームが少し大きくなる。

これが理由。